人生の門出のために大切なことです。

冠婚葬祭とは、人が生まれてから死ぬまでの、そして死んだ後の家族的な催物の事を指しています。
冠は成人式のこと、婚は結婚式のこと、葬は葬式のこと、祭は祖先を祭ること全般のことです。
この冠婚葬祭は、新たな人生の門出を祝うことでもあるのです。
この人生の門出には、それぞれのプランナーが大きな役割を果たしています。
結婚式であれば、ウェデイングプランナーがいます。
葬式であれば、葬祭デレクターがそれぞれの門出をプロデュースしてくれるのです。
これは、国家資格ではありません。
民間の団体による資格です。
この資格者がいないからと言って、営業出来ないわけではないのです。
つまり、各プランナーは自分の時間を割いて、勉強して、他人の門出をプロデュースするために自主的に資格を取得しているのです。
最近では、結婚式でも葬式でも、自分らしさを主張した式にする傾向があります。
この世間の流行りに対応して、常にその人にあった式にするように努めなくてはならないのです。
この資格者が常駐していることを見極めて、自分の人生の門出を華やかにしたいものです。