冠婚葬祭プランナーの仕事内容とは

冠婚葬祭は人生の節目における家族の催しです。
しかしながら現代でそれらを実際に家族のみで取り仕切るのは非常に難しい中、重要なセレモニーを影で支え、プロフェッショナルとして成功に導くのがプランナーの仕事です。
主にプランナーが携わるイベントとして挙げられるのが結婚式と葬儀です。
結婚式の場合は新郎新婦から結婚式や披露宴への希望を聞き出し、料理から当日の進行に至るまで結婚式にまつわる様々な要素をまとめあげます。
また、衣装やお花などには専門のコーディネーターがつく場合もあります。
新郎新婦の夢を叶え、新たな門出を演出することは大きなやりがいと喜びのある仕事です。
葬儀の場合は通夜や告別式の取り仕切りや式の進行が主な仕事です。
近年は生前に葬儀について要望をまとめる機会も増えており、今後本人の意向を反映した葬儀をアレンジする需要が増えるでしょう。
遺族の気持ちに寄り添い、悔いのない別れの場を実現することで信頼を得ることのできる仕事です。